悪徳リフォーム会社とは
最近、増加傾向の悪徳リフォーム会社。 TV・新聞・インターネットでも多く報道され、高齢者や認知症の方など社会的弱者をターゲットにした悪徳なリフォーム会社も存在します。 住宅のリフォームは本来楽しいものでなければいけません。 住宅をリフォームすることによってお家の不満や不便なところが解消され、快適なライフスタイルを手にし、家族が幸せな生活を送ることも可能です。 あなたの大切な財産を守り、悪徳リフォーム会社に引っかからないためにも、 消費者の方が悪徳リフォーム会社の手口を知り、自分自身で防衛策を身につけることが必要と思い、全国のリフォーム会社の事例を元に、当サイトを開設しました。 すべて実際にあった事例から抜粋しており、悪徳リフォーム会社の実態を書いております。 但し、一部のリフォーム会社が悪徳であって、ここに書かれてあることを行った会社がすべて悪徳とは限りません。 当サイトが、悪徳リフォーム会社から皆様を守る手助けになれば幸いです。

悪徳リフォーム 訪問の手法


悪徳リフォーム会社が住宅を訪れる手法とは、どのようなものがあるでしょうか?
ここでは、台詞なども交えて解説していきます。

一つ目が、
『無料であなたの住宅の○○診断をさせていただきます!』

これは、耐震診断や屋根リフォーム・外壁リフォームなどの劣化診断、または白アリ、基礎の通風口の網張りなど、
住まいの無料診断を口実としたさまざまな訪問の手法です。

次に、
『ご近所で工事させていただいています!』
これは、近所でのリフォーム工事に際して、挨拶廻りと言って近づく手法です。
この台詞で近づくリフォーム会社には、どの住宅をリフォームするのか、しっかり聞きましょう。
まったく別の場所や、無関係の場所、さらには存在もない住宅だったり、
挨拶から別の話題を切り出すリフォーム会社は注意が必要です。

三つ目が、
『たいへんですよ。あなたの住宅の外壁にひびがはいっています!』
外から見て判断できそうな屋根リフォームや外壁リフォーム、基礎などのひび割れや劣化、雨漏りや水漏れなどを指摘して訪問してくる手法です。
屋根に上り、わざと瓦をずらして写真を撮って見せるなど、悪質な行為を行うリフォーム会社もあるので、最初から受け入れないほうが賢明です。

他にも、多くの悪徳リフォーム会社の手法や台詞は存在します。
まずは、話しをしっかり聞きなんのために着たのかを明確に理解しましょう。
そして、間違っても勝手に住宅の中に招き入れることはやめましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。