悪徳リフォーム会社とは
最近、増加傾向の悪徳リフォーム会社。 TV・新聞・インターネットでも多く報道され、高齢者や認知症の方など社会的弱者をターゲットにした悪徳なリフォーム会社も存在します。 住宅のリフォームは本来楽しいものでなければいけません。 住宅をリフォームすることによってお家の不満や不便なところが解消され、快適なライフスタイルを手にし、家族が幸せな生活を送ることも可能です。 あなたの大切な財産を守り、悪徳リフォーム会社に引っかからないためにも、 消費者の方が悪徳リフォーム会社の手口を知り、自分自身で防衛策を身につけることが必要と思い、全国のリフォーム会社の事例を元に、当サイトを開設しました。 すべて実際にあった事例から抜粋しており、悪徳リフォーム会社の実態を書いております。 但し、一部のリフォーム会社が悪徳であって、ここに書かれてあることを行った会社がすべて悪徳とは限りません。 当サイトが、悪徳リフォーム会社から皆様を守る手助けになれば幸いです。

悪徳リフォーム会社を知ろう


悪徳リフォーム業界で働いている人はどんな人がいるのでしょうか?
それは、普通の会社で長く続かない人たちです。
その中でも一番多いのが借金を抱えている人です。借金取りに追われている人間は、売ることに対する執念が普通では考えられないくらいすごいです。
年齢的には中年が多く、若い人は知らずに入ってきたとういう人も多く、ほとんど長く続きしないからです。
中年だからといって、ベテランであると勝手に判断することがないようにしましょう。

悪徳リフォーム会社が多い業種は、少し前までは、屋根リフォーム・外壁塗装業者・白アリ駆除会社などの単独の業種で訪問販売業者が主流でした。
しかし、だいぶやり付くした感があり、消費者にも少しずつ手法がばれてきたので、最近は、ユニットバスリフォーム・システムキッチンリフォーム・床下換気扇・耐震金物・カーポート、物置などのアルミ資材など何でもやっています。
そういう訪問販売会社は、下請けの施工会社に丸投げしてしまうことが多いのです。
個人の業者や工務店に丸投げなので、どうしても普通の工務店の役3倍の価格で消費者に販売しないとやっていけないのです。

では、どういったものが悪徳リフォーム会社の商品になるのでしょうか?
それは、一流メーカーなどが参入しきれていない、外壁塗料やサイディング、アルミ関連材(カーポート、バルコニーなど)っです。
すでに、倒産しましたが『桃太郎侍がコマーシャルをしていた外壁塗装会社』や『パッとサイ○○○〜♪』などが例としてあげられます。
塗料であれば「自社開発のオリジナル商品だから高いけど耐久性抜群!」と言えば、他社と見積もりを比べた時に比較することはできません。実際には、外壁塗料材の箱には会社名が入っていますが、中身は通常の塗料メーカーの製品を移しているという事例もあります。
こういった悪徳リフォーム会社の傾向を見ると、すべて自社開発の商品ということが多く見られます。
当然ですが、TOTOやTOEX、ナショナルなどの一流メーカーの商品を使って、悪徳リフォーム会社の被害が出たということは、あまりありません。
リフォームする際は、使用する材料の選定をみるだけでも、悪徳リフォーム会社か判断することも可能です。

ちなみに悪徳リフォーム会社に関わらず、訪問販売の営業マンというものは、訪問販売に引っかかった家を狙うものです。
だから訪問販売の人間は他社の商品についても詳しいといえます。
というより、訪問販売の商品は見る人から見たら、『前に訪問販売でひっかかりました』という看板を掲げているようなものなのです。
ソーラーアンテナの種類や屋根材など見た目に特徴があるものもありますし、サイディングや床下換気扇・サンルーム・カーポート・玄関ポーチ・テラス・白アリ駆除業者のシールなどなど・・・
身に覚えのある方は、すぐにでも対処することをオススメします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。